元気な女性

気づくこと

うつ病は周りの人が気づいてあげることが大事

うつ病は早めに理解しそして自覚しなければいけません。 自分がうつ病だと分かる程度になってしまうととても大変で仕事ができないほどになります。 ではどうすれば速く自覚できるようになるのかというと、それは注意してみてあげることが必要です。 常に監視しなさいというわけではありませんが、今までと違い元気が無い日が続いていたり、食欲が無かったりなど今までと違うとかなり危険信号となります。 これだけだとどうしても本人は自覚しませんので、ちょっとおかしいと感じたらちょっと強引でも良いですので医者に連れて行くことが大事です。 どうしても行きたがらないのなら、息抜きをさせてあげるなど今の生活にはないことをさせてあげてください。 それだけでも多少症状緩和することがありますので、周りの人がうつ病症状を察知そして緩和させることも大事ですので覚えておくのが一番です。

補助を受けることも大事

うつ病にならないようにしていても、ちょっとしたことでもなってしまいます。 実際になってしまったのなら、治療そして仕事ができない時のお金負担がとても大変になります。 かなり大変な状態になるからこそいろんな補助を受けるようにしてください。 うつ病の治療費だけを負担してくれる補助もありますし、かなり症状がひどい場合には、生活の環境によってですが生活保護も受けられるようになります。 うつ病だけでとても大変なのにお金でとても大変になると完治するどころではありません。 そうならないためにも、そして治療に専念するためにも補助を受けるようにしてください。 補助を受ける方法は役所の福祉課に相談すると申請方法を教えてくれますので、大変ですが動けるようなら動いて補助が受けられるようにしてください。