元気な女性

闘う心

現代の心の病気と闘わなくてはいけません

 精神科にかかりうつ病と診断された人は実にたくさんいることと思われます。うつ病とはやる気が起きなくて引きこもりがちな方や仕事ができなくなり人と会うことも難しくなってしまう、眠れない、楽しくないなど不調を感じている人たちの病気の症状をいいます。  そういった感じがあり精神科にかかると初めてうつ病と診断されるのです。うつ病の治療は投薬とカウンセリングが主となります。原因がかならずあるのでそこを引き出して悩みを聞いてあげるだけでも違ってくるものです。心の闇を切り開いてあげることも大事になってきます。  何かしら不調を感じたら精神科にかかってもいいかと思います。昔よりも精神科の敷居は低くなっているように感じます。

うつ病を改善するには家族の協力が必要です

 家族がうつ病と診断されたらどうするでしょうか。決して励ましてはいけませんし罵倒してもいけません。励ますことでうつ病が悪化することがあるのです。家族が病気を理解して一緒に向き合っていくことが大事なことなのです。  うつ病の人はどうしても引きこもりがちになります。しかしそれを家族は責めてはいけません。家の外に出かけたくても出かけることができないのです。気持ちを理解していかなくてはなりません。うつ病に効果の高い薬も出ています。その人に合った薬が見つかるまで長い道のりかもしれませんが家族のサポートを得ながらいい状態になればいいと思います。  うつ病は決して治らない病気ではありません。長い目で見守るということが大事な病気であるのです。