的確な対処がたいせつ

効果的な治療を

うつ病の原因は人によって様々です。そのため、うつ病を治療する際にはその原因を取り除くことが出来るような治療を受けることが大切です。専門病院では様々な治療を取り扱っているため、効率よく治療を行なうことが出来るでしょう。

 詳しく読む

対策をする

うつ病にならないためには、私生活を明るく過ごすことが大事です。暗い気持ちで私生活を過ごしてしまうと気持ちが落ち込みうつ病になりやすくなってしまいます。そのため、自分が楽しむことを見つけて行いましょう。

 詳しく読む

記事一覧

精神的な病

身内の方がうつ病になってしまい悩んでいるという方は、まずこちらのサイトでうつ病の事を知りましょう!

うつ病は正しい診断が大事

うつ病や躁病などの気分障害には、様々なタイプがあります。うつ病の主な症状として、2週間以上持続する抑うつ症状があります。ほかには睡眠障害、極端な体重減少、頭痛などの身体症状があります。しかし、これだけではうつ病と診断することはできません。 気質や生育環境、精神疾患を含むほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。統合失調症などのほかの精神疾患があり、抑うつ状態はその症状の一つという場合もあります。このような場合誤ってうつ病と診断してしまえば、本当の疾患の治療に支障をきたすことになります。 早期に治療を始めるためにも、うつ病のタイプや、ほかの精神疾患の可能性などを確認し、正しい診断が必要になります。

早期発見・早期治療を

うつ病の原因が一人一人違うように、治療法も様々です。 典型的なうつ病ならば通院、薬物療法の効果が期待できます。仕事が原因の場合、休職する方法があります。しかし、職場や会社の環境などにより、仕事を続けたほうがいい場合、部署替えを申し出るなど状況によりベストな方法は異なります。 気質や環境の影響が強い場合、カウンセリングや認知行動療法などの精神療法的アプローチや環境の整備などが必要になります。 近年うつ病は、社会や経済的な環境の影響で増加傾向にあります。それとともに、精神科や心療内科への理解も高まってきています。 うつ病は早めに治療を始めるほど、回復が早く繰り返しにくいと言われています。治る病気でもあるので、いつもと違うと感じたら早期に専門機関に相談することです。

誰でもなりうる病気なのです

日本では16人に1人がうつ病になると言われています。うつ病は、まじめで几帳面な人が発症しやすいとか、気が弱いからかかるのだと言われますが、必ずしもそういう訳ではないのです。要するに、誰でもなりうる病気なのです。 ですから、うつ病のことをもっとよく知りましょう。そのためには、インターネットを利用すると良いでしょう。 それでは、うつ病になるとどのような症状が現れるのか、簡単に説明していきます。まずは、抑うつ症状と呼ばれる状態が起こります。抑うつ症状とは、何もやる気が起きない、何をしても楽しく感じない、悪い結果ばかり考えてしまう、イライラした気持ちがおさまらない等を言います。また、頭痛や背中の痛み、肩こりや体のしびれ、食欲低下や喉の渇き、便秘や下痢、睡眠障害といった身体的な症状も現れます。

うつ病が気になってきたら

通常の場合でも、抑うつ症状は起こりますが、原因が解決されることで、自然と回復していくものです。しかし、うつ病の場合には、抑うつ症状がいつまでも続くことになります。ですから、いつまで経っても抑うつ症状が消えないと言うのであれば、うつ病の可能性が高くなります。 そこで、うつ病が気になってきたら、心療内科等を受診してみましょう。心療内科では、うつ病と診断されると抗うつ薬を処方してくれます。 抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリン等の神経伝達物質を正常にコントロールする効果がありますが、実際に抑うつ症状が改善されるまでには数週間かかると言われています。また、完全にうつ病が治るまでに数か月間必要ですから、焦らずに気長に治療していく必要があるのです。

脳内の神経伝達物質が深く関与している

日本でも、多くの人が悩まされているうつ病ですが、うつ病はなぜ起こるのでしょうか。引き金になるのは、人間関係であったり、仕事の過酷さであったり、様々なストレスなのですが、体内でどのような変化が起こり、うつ病になるのかといったメカニズムは、実のところまだ完全には分かっていないのが現状なのです。 ただし、脳内の神経伝達物質が深く関与しているのは確かです。神経伝達物質には多くの種類があると言われていますが、中でもセロトニンやノルアドレナリン、そしてドパミンという物質が減ってしまうことが確認されているのです。セロトニンは、抑制的に働く神経伝達物質です。そして、ノルアドレナリンやドパミンは、興奮作用がある神経伝達物質と考えられています。

闘う心

うつ病の治療をする際には、自分の心と闘う必要があります。専門の医師による治療も行われますが、最終的には自分の医師で治療しないといけないことが精神的な病になります。

 詳しく読む

治療費

うつ病を治療するためには、精神科に通う必要があります。通常の病院は肉体的な治療になるため、精神面の治療をすることができない場合があります。また、精神科でも保険を活用することができるため費用を抑えることができます。

 詳しく読む

気づくこと

うつ病は放置することで症状が悪化していしまうことがあります。そのため、症状を悪化させないためにも早急に治療する必要があります。早急に治療するためにも回りが気づいてあげることが大事です。

 詳しく読む